国内空港の空港使用料一覧(国際線バージョン)

気になって国内線利用時の

国内空港の使用料について調べました。

気になる方はどうぞ

止まらないので、

国際線も調べてみたいと思います。

空港によってかなりのばらつきが確認できました。

国内空港の空港使用料一覧表(国際線)

2018年6月現在、

国内では10空港で支払う必要があります。

それ以外は必要ありません

国際線の場合は出国時のみ必要です。

出発時 乗継時 小人とは
大人 小人 大人 小人
新千歳空港 1,030円 520円 記載なし 記載なし 2歳以上12歳未満
成田:第1・2 2,610円 1,570円 1,570円 1,040円 2歳以上12歳未満
成田:第3 1,540円 1,030円 1,030円 770円 2歳以上12歳未満
羽田空港 2,570円 1,280円 1,280円 640円 2歳以上12歳未満
茨城空港 520円 260円 記載なし 記載なし 2歳以上12歳未満
関西:第1 2,730+310
=3,040円
1,370+310
=1,680円
550+310
=860円
280+310
=590円
2歳以上12歳未満
関西:第2 1,230+310
=1,540円
250+310
=560円
小人設定なし
中部国際空港 2,570円 1,290円 なし なし 2歳以上12歳未満
茨城空港 520円 260円 記載なし 記載なし 2歳以上12歳未満
福岡空港 970円 490円 記載なし 記載なし 2歳以上12歳未満
北九州空港 520円 260円 記載なし 記載なし 2歳以上12歳未満
那覇空港 1,000円 500円 記載なし 記載なし 2歳以上12歳未満
那覇:
LCCターミナル
バンコク
以外:0円
バンコク:190円
バンコク
以外:0円
バンコク:190円
記載なし 記載なし 2歳以上12歳未満
上記以外の
国内空港
なし なし

※2018年6月現在です。

※関西国際空港は、

旅客サービス施設利用料+旅客保安料の合算です。

※那覇空港はLCCの場合、国際線でもLCCターミナルから出発します。

空港使用料の記載がどこにもなく、

個別にピーチのHPから

運賃検索をかけたら、以上の結果になりました。

どなたか知っている人おられたら、教えてください。

こんなルートはいかがでしょう?

peachで関空~仙台(泊)~台北

〇国際線出発の際、関空の空港使用料は高い。

〇他空港からの場合は必要ないこともある。

関西国際空港第2ターミナルから出発→台北の値段

(2018年6月16日現在)

2018年7月12日(木)出発

MM023 関空08:25発ー台北10:15着

シンプルピーチ運賃 11,180+空港使用料 1,540

=計 12,720円

そうだ、仙台に行ってみよう

(2018年6月16日現在)

2018年7月11日(水)出発

MM131 関空07:15発ー仙台08:35着

シンプルピーチ運賃 1,990円+空港使用料 410円

=計 2,400円

仙台から台北へ

(2018年6月16日現在)

2018年7月12日(木)出発

MM775 仙台16:55発ー台北20:00着

シンプルピーチ運賃 10,280+空港使用料 なし

=計 10,280円

関空~仙台:2,400 + 仙台~台北:10,280

=総合計:12,680円

まとめ

関空~台北(直行便)は、12,720円

仙台経由で、12,680円

もちろん、LCCは価格変動が激しいですし、

いったい何しに台北に行くんだ、って話ですが。

空港使用料はそれくらい大きな差になります。

日にちの自由なバックパッカーや

シニア一人旅にいかがでしょうか?

同じ値段で、仙台行けるんですよ・・・。

※以上の情報は記事作成時のものです。

ご旅行に行かれる際は、最新の情報を

ご確認下さいませ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする