松山のレンタルバイク事情…完全無人レンタカー?

夏に松山・道後温泉への旅行を計画しています。

絶景駅で有名な「下灘駅」に行きたいです。

当初はレンタサイクルを考えていたのですが、

片道30km、峠あり…。

夕陽も見たいし・・・。

ふとレンタルバイクを思いつきました。

あんまり需要ないんでしょうか?

松山にあるレンタルバイク屋(原付)

いつも思うのですが、レンタルバイクの情報は見つけにくい…。

2018年6月現在、

レンタルバイクを実施していると確認できた店舗を

シェアしたいと思います。

50㏄を借りるとして、高い料金順にご紹介していきます。

レンタル819 松山店

全国に130か所以上ある、レンタル819(バイク)。

その松山店があるのは、

「バイクハウス阿部」です。

場所は松山市大可賀。

伊予鉄道高浜線・山西駅が最寄。

JR松山駅からだと、

電車30分、徒歩20分で片道520円(遠い・・・)。

原付は、ディオとアドレスの計2台。

料金は任意保険料込みで、

4時間 3,000円

8時間 3,300円

24時間 4,200円です。

他に125㏄~1100㏄まであります。

定休日は火曜日と第1・3水曜日です。

レンタル819松山店

モトオークレンタル 松山店

こちらも全国にあるようです。

松山店は「YSP松山東」になります。

場所は松山市来住町(ここも不便)。

伊予電鉄横河原線・北久米駅か久米駅が最寄。

JR松山駅からだと、

電車30分と徒歩30分で片道370円(遠すぎませんか?)

原付は、JOG50㏄1台のみ。

4時間 2,900円

8時間 3,500円

24時間 4,500円

他に125㏄が2台ありました(計3台のみ)。

定休日は月曜日と第2日曜日です。

モトオークレンタル松山店

東温(とうおん)レンタルバイク 松山空港店

場所は松山市高岡町。

松山駅前から松山空港行きの路線バスに乗り、

富久口バス停がいいかと。

JR松山駅からは約15分、そこから徒歩5分、

片道260円です。

松山市内~松山空港のアクセスの記事(この中に時刻表・運賃表あります)

原付のレンタル料金は、

3時間 800円

6時間 1,600円

12時間 2,800円

1日(24時間)3,500円

無人返却できるので、深夜に返しても当日料金になるそうです。

原付はJOG(50㏄)とスペーシー100㏄がありました。

同じ値段ならスペーシーがいいですけど・・・。

250㏄や400㏄もあります。

定休日は年末年始。

東温レンタルバイクのHP

完全無人レンタカーがすごい

この東温レンタルバイクさん、

もともとは松山市や伊予市、東温市に多数ある

東温レンタカーさんです。

その東温レンタカーさんが、

2018年6月から完全無人レンタルを開始されました。

無人貸出・返却とかあたらし過ぎる・・・。

返却が深夜になっても当日料金で無料とか・・・。

レンタル方法はyoutubeで確認できます。

全国初、らしいです。

すごい世の中ですね・・・。

セルフ高岡店でやってらっしゃいます。

東温レンタカーのHP

セルフ・レンタルバイク・システムとは

知ってましたか?奥さん。

私はこんなのあるなんて聞いてません。

レンタルバイクは店頭で借りるものなんじゃないんですか?

今は主要駅や空港で24時間セルフで借りられるんです。

(予約)Webで免許登録・車両予約

(貸出)メールで車体についてあるキーBOXの暗証番号と貸出場所が送られてくる

(返却)使った分だけ給油して、貸出場所に戻したバイクの写真をメールで送る→完了

カーシェアのイメージですね。

やっている会社は、

レンタルバイクのベストBike

で日本全国にあります。

関東・関西の主要駅に多くあります。

松山は松山空港すぐにあり、

24時間いつでもOKみたいです。

ただし、原付は1か月レンタルから、

時間貸しは400㏄からでした。

なんで原付ないんだよぅ・・・。

まとめ

っていうか、世の中こんなことになってたんですね。

便利過ぎる・・・。

あと、レンタルバイクはなぜ全部不便なところにあるのでしょう?

たぶん徒歩の観光客相手じゃないんでしょうね。

東温レンタカーさん、

軽自動車は6時間2,000円で借りられるそうです。

原付は6時間1,600円+ヘルメット1,000円=2,600円。

あ、あれ・・・?

中国は恐ろしくシェア自転車が発展していました。

自転車はどこにでもあり、どこに乗り捨ててもOK。

QRコードで管理。

スマホからビッグデータ抜かれてるんでしょうけど、便利ですわ・・・。

そらもうウーバーとか発達しますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする