[計画]大阪市内から空港までのアクセスを考える

夏に大阪から松山・道後温泉まで旅行を考えています。

いろいろな交通手段があり、

どれが楽しめて、どれが安いか、考えている最中です。

今回は、大阪市内から空港までの移動手段を考えてみます。

大阪駅を起点とします。

空港も好き。

大阪駅~大阪伊丹空港

リムジンバス

大阪駅周辺には計4か所乗り場があります。

ホテル阪神、ハービス大阪、新阪急ホテル、大阪マルビル。

大阪マルビル乗り場からが一番多く本数が出ています。

1日なんと70便!朝など10~15分おきに出ています。

所要時間は30分。

割と交通量の多いところを通ります。

特に平日夕方の伊丹空港から大阪駅行きは混んで延着することが多いです。

料金は640円。

阪急電車と大阪モノレール

大阪駅から梅田駅に移動して、

阪急宝塚線で梅田駅~蛍池駅 220円

大阪モノレールに乗り換えて 蛍池駅~大阪空港 200円

計420円で行けます。

所要時間は約40分。

時間に確実かつ安い方法はこちらになります。

大阪メトロ(地下鉄)と大阪モノレール

大阪駅から大阪メトロ梅田駅に行きます。

2018年4月に大阪市営地下鉄から民営化され、大阪メトロという名称になりました。

大阪メトロ御堂筋線 梅田駅~千里中央駅 370円

大阪モノレール 千里中央駅~大阪空港駅 330円

所要時間は約50分です。

注意点は

・時間がさらにかかる

・700円と高くなる

・千里中央駅での乗り換えで歩く

皆さんの最寄駅や宿泊ホテルの立地で決められるのがいいと思います。

大阪駅~関西国際空港

リムジンバス

大阪駅周辺は、ハービス大阪と新阪急ホテルから多く出ています。

1日64便。

朝は10分おきに出ています。

関西国際空港~大阪駅までは24時間運行しています。

所要時間は50分~1時間。

混むことは少ないですが、事故渋滞だけはどうしようもありません。

料金は、片道1,550円。

14日間有効の往復割引は2,760円、片道1,380円になります。

JR

JRで大阪駅~関西空港駅まで行けます。

途中、天王寺や日根野という駅で電車を乗り換えることもありますが、

駅を出ることもないですし、

アナウンスを聞いていれば、そう難しくありません。

運が良ければ、大阪駅から関西空港駅まで同じ電車、乗り換えなしで行くことも可能です。

所要時間は約1時間10分。

運賃は1,190円です。

大阪メトロと南海電車

大阪駅から梅田駅に移動して大阪メトロに乗り、なんば駅で南海電車に乗り換える方法です。

大阪メトロ御堂筋線 梅田駅~なんば駅 230円

南海本線 なんば駅~関西空港駅 920円

所要時間は約1時間10分。

運賃は1,150円です。

乗換などが面倒であれば、JRでいいと思います。

最寄駅が地下鉄の場合はこれがいいと思います。

南海には「ラピート」という青い特急列車が走っています。

別途指定席料が必要ですが、なかなかかっこいい電車なのでいかがでしょうか。

↑これ。

まとめ

大阪市内から大阪伊丹空港に行くには、阪急電車とモノレール、

大阪市内から関西国際空港に行くには、大阪メトロと南海電車

が安くなることがわかりました。

個人的には寝てても連れて行ってくれる、楽なリムジンバスを選びがちです。

でも、がっつり事故渋滞にはまっているリムジンバスを見るたびに、

「あの人達は飛行機に間に合うんだろうか・・・」と思います。

飛行機に乗る場合だけは、電車を使うように心がけています。

本当はリムジンバスがいい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする