peachの機内持ち込み荷物はやや厳しめなので注意!

peachをはじめ、

機内持ち込み荷物のみで旅立つことが多いです。

peachの機内持ち込み荷物には重さ・大きさ・個数に制限があります。

※2018年10月28日搭乗分より、peachでは重さが変更になりました。

以下、赤字で追記しております。

空港でお金を取られるのだけはいやだ!

機内持ち込み手荷物とは

その名の通り、

「飛行機の機内に持ち込む荷物」です。

=カウンターでは預けない荷物です。

カウンターで預ける荷物のことは、

「受託手荷物」と言います。

(ここで手荷物、って書くから

お客は意味がわからなくなる!から名前変えてほしい)

航空会社によって規定は違う!

大きさも重量も甘さも

航空会社や乗る飛行機の大きさ、

出発空港によって違います。

「この前行けたから、次も大丈夫」はない。

ここ、注意。

ピーチの機内持ち込み手荷物

大きさ

3辺の合計が115㎝以内。

これを超えるようならカウンター預け。

また、3辺の合計が115㎝以内でも、

縦:50㎝

横:40㎝

厚み:25㎝

の各辺超えるようなら、

カウンターに預けてほしい、とのこと。

注意点は、

キャスター。

キャスターも含んだ大きさです。

カバン本体だけでなく、キャスターも含まれますので注意。

※2018年10月、重さの改定はありましたが、大きさに変更はありません。

個数

身の周りのもの + 手荷物

計2個まで

書き方がややこしい・・・。

なんであれ、一人2個までです。

座席のある人が一人2個まで持ち込めます。

(座席のない赤ちゃんは一人とカウントできません)

手荷物検査後に買ったお土産や免税品なども2個に含まれるので、

入ったからOKではありませんので注意。

(他社は、機内に入る前にもチェックされて、

預けてね=お金払ってね問答もあります。

ピーチも厳しくなると思います。)

重さ

2個の合計が10㎏まで!

※2018年10月より、2個合計7㎏まで!に改定されました。

10㎏、意外とすぐです。

※7㎏、もっとすぐ!

実際に計量されるのは大きいものだけのことが多いですが、

決まりとしては、

大きいカバン+トートバックなどで10㎏7㎏です。

(エアアジアなんて7㎏・・・。ひどい)

(ピーチも7㎏になってしまいました・・・ひどい)

チェックする人がいるので抜け道はない

大きさに関しては、空港にピンクの枠があるので、

それで各自調べます。

自動チェックインまたはカウンターチェックイン後、

手荷物検査場に入るレーンの手前で、

ピンクのベストを着た係員の方に計量を受けます。

(出発空港によって若干変わります)

計量でオーバーしないようにその場でできることは、

・服はたくさん着ておく(いつも汗だく)

・首からかける

・(同行者がいて、なおかつその人がミニマリストの場合)持ってもらう

くらいしかありません。

重さ対策

それよりも、

できるだけ軽いカバンを探す

最近はパラシュート素材でできたボストンバッグなど、

軽くて大きくて耐久性のあるものが

多く出ています。

やっぱり、旅行用品専門店に行くと、

かゆいところに手が届く商品がたくさんあります。

近くにある方は、ぜひ行ってみて下さい。

できるだけ荷物を減らす

昔はこれがどうしてもできませんでした。

※7㎏になった今、そんなこと言ってられない

一番減らせるのは服です(特に女性)。

こちとらの服なんて誰も見てません。

自分さえ納得できれば・・・(そこが難しいから困る)。

でも、なけりゃないで、絶対なんとかなります。

国内。100均が味方です。コインランドリーもあります。

そして、国外、それも東南アジアなら、

現地で買ったほうが安く揃ったりします。

服も靴も。

予約と実用例

私は、予約時に

行き:シンプルピーチで機内持ち込み手荷物のみ

帰り:シンプルピーチ+受託手荷物事前支払い

にすることが多いです。

その場で荷物の超過が分かると、

機内に持ち込むことができず、カウンターで受託手荷物(預ける荷物)の手続きをすることになります。

現地カウンターで急遽預けることになると、

事前申し込み代金+1,080円、余分に払うことになります。

それなら前もって気持ちよく申し込んでおきます。

国際線なら、これで心おきなくお酒が買えます。

ですので、持っていくキャリーケースは機内持ち込みできる大きさのものにしてあります。

問題はガジェットをどうするか(解決策なし)

パソコン、充電器、カメラ、モバイルバッテリー。

問題はこの子たちです。

ほんとうにどうしていいかわからない。

まとめ

いろいろ抜け道を考えたくなりますが、

規定は守っておいた方が、

びくびくせず笑顔で通れます。

(何度びくびくしてきたことか)

peachの機内持ち込み手荷物のページ

軽量化にこのバスタオルが大活躍!軽い、薄い、速乾。

旅の持ち物はいろいろかさばります。 みなさんは、 「バスタオル」 どうされていますか? 今日はこちらを熱くご...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする