ピーチの支払手数料が一番安くなる方法を調べる

夏に旅行に行くのですが、

LCCのpeachにしようかと考えています。

LCCはいろいろややこしいから安いのですが、

泣きを見たこともあるので、

今回はしっかり勉強します!

セレブじゃないのよ。

ピーチの支払手数料とは

一番最後に出てきます

LCCの予約時には、まず運賃を見ますよね。

それで納得して、予約を進めて行くと、

いろいろ加算されていくのがわかります。

・空港使用料

・座席指定料

・受託手荷物料金

・機内食

・保険などなど・・・

(変更の際は変更手数料も)

何とかお金を財布から出させようとするpeachの策略から無事に逃れ、

最後にやっとたどり着くのが、

「何で支払いますか?」の質問です。

その名も支払手数料

(つまり最後までこの金額がかかることは出てきません)

え、え、どれを選ぶのが一番安いのよっ!

松山~大阪のpeachについての記事はこちら

ANAとかJALでは、こんな手数料はないです。

支払手数料とは

安いように見えるのですが、

一人ずつ

・利用区間ごとに

かかります。

人数多いと結構かさんでくるんです、これ。

クレジットカードでの支払手数料

海外の航空会社では、VISAしかだめ、とかありますが、

peachは、VISA、Master、JCB、ダイナースクラブです。

プリペイドカード、デビットカードもOKです。

AMEXだめなの?!使えません。

使えるようにしてほしい、そこは・・・。

料金は、国内線・国際線共に540円です。

昔はもっと安かったのに・・・。

即時決済です。

後述しますが、

少し考えたい人は、クレジットではなくコンビニ支払いにしましょう。

銀聯とアリペイ(Alipay)での支払手数料

先にAMEXでしょ!

銀聯とアリペイ(Alipay)も540円です。

ただし、カウンターでは支払いできず、

インターネットでの予約のみ使えます。

いやいや、先、AMEXね(ひつこい)。

コンビニ、ATM(郵便局・銀行)、ネットバンキングでの支払手数料

これもインターネット予約のみ可能な支払方法です。

手数料は650円。

つまり、これが一番高いです。

しかし、支払いまで少し余裕があるのがいいところです。

夜中に安いチケットを見つけて、思わずポチっても、

次の日友人に相談できます。

予約は24時間有効なので、キャンセルなら

支払わなければいいのです。

少し高くはなりますが、余裕を持たせたい時には

この方法が使えますので、知っていて損はないと思います。

ピーチポイントでの支払手数料

ピーチポイントは運賃などの支払いに使えます。

手に入れる方法は、ふるさと納税が手っ取り早いです。

大阪府泉佐野市など、

3自治体で行われています。

peachのふるさと納税

あとはフライトキャンセル時はピーチポイントで返ってきますので、

それを使う方もいます(現金で返してほしいけど)。

ピーチポイントでの支払手数料が一番安くて、

200円です!

まとめ

一番安いのは、ピーチポイント支払いの200円。

その次はクレジットカード支払いの540円。

コンビニなどは650円です。

手数料、高い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする